HOME>注目記事>なりたい職業が決まっているなら学校で専門的に学び就職を有利にしよう

学校へ通うメリットとは

お菓子づくり

将来、パティシエとして活躍したいという夢を持っている人は、高校卒業に専門学校へ行くのがおすすめです。専門学校は2~3年通うのが普通で、様々な学科があります。入学の筆記試験などは基本的になく、願書を出し面接を受けることで、大体入学することが出来ます。専門学校へ進学するメリットは、スイーツのことのみを専門的に学び知識を深められること、同じ志を持つ仲間たちと切磋琢磨し合えること、就職が比較的有利であること、などです。特に、同じ夢を持つ仲間と出会えることで、就職後もパティシエ界の情報交換などを頻繁に行うことが出来ます。また、中にはパティシエの専門高等学校もあるので、中学卒業後にすぐにその学校へ行くという方法もあります。

様々な学科について

パティシエ専門学校には、より細かな学科があり自分のなりたい将来に合わせ詳細に学ぶことが出来ます。スイーツ作成の基礎やオリジナルスイーツの作成などを行うパティシエコース、ショップや店舗などで活躍するための知識を学ぶコース、自身で経営するプロデュース力を身に着けるビジネスコースなどがあります。ただし、例えばパティシエとしてスイーツを作る腕を磨きたい人はパティシエコースを選択しますが、経営に関することなども、1年制のうちに基本で学ぶことは出来ます。

資格取得や就職に有利

パティシエの専門学校を出ると、およそ9割の人がスイーツや販売に関する仕事に就くことが出来ます。学校が斡旋している就職先も多いので、就職難で困ることはあまりないでしょう。パティシエという職業だけでなく、販売員、経営者、ウェディング専門、バリスタ、パン職人など様々な場で活躍することが出来ます。また、資格取得のためにかかる費用などもサポートしてくれる場合がありますので、資格取得も積極的に行うと良いでしょう。なりたい自分の像を明確にし、夢に向かって努力出来る場所が、専門学校です。

広告募集中