コーヒーのプロのライセンス

エスプレッソマシン

日本で取得できるバリスタの資格として有名なのが、バリスタの協会が認定しているライセンスです。複数のレベルのライセンスがあり、資格を取得したい人のレベルに合わせて受験することができます。試験に合格するためには、バリスタとしての知識や資格について習得していることが必要です。それ以外にも一定の種類のエスプレッソコーヒーを抽出することができる技能も求められています。この試験は誰でも受験できるわけではなく、受験資格を満たしている人に限って、試験を受けることが可能です。試験を受験する日にバリスタとして働いていることが条件で、アルバイトとして雇われていても受験できます。

おいしいコーヒーを入れるプロ

コーヒー

バリスタの資格が人気があるのは、よりおいしいコーヒーを飲みたいという一般の需要が高くなっているからです。コーヒーを飲むことができるお店は多くあっても、その中で本当にお金を払って飲む価値のあるようなコーヒーが飲めるお店は限られているので、そうした人の需要を満たすため、多くの人がバリスタの資格取得を目指しています。資格を取ることでコーヒーの専門家としてさまざまな知識や技能を修得することもできます。自己流でコーヒーを作っていた人でも、試験のために正しい方法を勉強することで、より質の高いコーヒーを入れることができるようになります。試験を受けるために勉強することで、今まで知らなかったようなコーヒーを入れる技術を習得することもできます。

習得できるコーヒーの技術

バリスタ

バリスタの資格取得を目指している人が増えている理由としては、就職に有利であることもあげられます。コーヒーの専門知識を持っているバリスタを雇うことで、お店の集客にも役立てることができるので、多くの飲食店経営者が関心を持っています。コーヒーに関する基礎的な知識を学ぶことができることも人気のある理由で、コーヒー豆の種類ごとの特徴を勉強することで、より理想に合ったコーヒー作りのために役立ちます。バリスタの資格は特にエスプレッソの技術を向上させたい人に人気があり、コーヒーをエスプレッソする技術を基本から学ぶことができるので、独学でエスプレッソを習得した人にも受験する価値があります。エスプレッソをする時に必要なのは機械を正確に扱うことができる技術ですが、講習を受けてエスプレッソ・マシーンの扱い方を学ぶことで、今まで知らなかった機能の使い方なども勉強することができます。コーヒーの知識を総合的に学べるのがバリスタの資格の魅力です。

広告募集中